日本は空前のペットブームということができます。
マンションであっても多くの人が犬を飼い、人間さながらの生活をさせ家族の一員としています。
自分の愛犬へも愛情が激しくなり、ペットモデルにさせたいと考えている人も珍しくありません。
テレビに出れば自分の愛犬がいかにかわいいかを発信でき自慢できます。
当サイトではペットをモデルにするにはどうすればいいのか、仕事を受けるためには何をすべきかなどお悩みに対し解決策を提案いたします。

初めてでもよく理解できる!ペットモデルにおける悩みや疑問にお答えいたします!

初めてでもよく理解できる!ペットモデルにおける悩みや疑問にお答えいたします! ペットモデルになるには、ずばり飼い主さんの積極的で能動的な活動が重要であるといえます。
モデルオーディション、プロダクションへの所属はもちろんのこと、飼い主さん自身が積極的に能動的に働きかけなければなりません。
現代ではSNSから誕生するペットモデルも数多く存在します。
動画や写真を世界に向け、毎日発信することでお声がかかるチャンスを高めることになります。
さらにどうやって仕事を取るべきかという悩みも聞かれます。
人間のタレントと同じように、他のタレントにはない特技や芸を磨くというのも仕事を取るうえで大事です。
それには犬のコンテストなどに出場し何か賞を受賞することも有効です。
人間並みの算数計算ができるなども、多くの人の関心を引き仕事が舞い込むチャンスを高めます。

愛犬をペットモデルにするための道筋を知ろう

愛犬をペットモデルにするための道筋を知ろう 自宅で大切に飼っている愛犬を広告で活躍するペットモデルにしたいと考えている飼い主さんは少なくありません。
ペットモデルになるための道筋は、基本的にペットモデルのプロダクションに応募し合格することから始まります。
人間の芸能人のようにペットモデルにも専門プロダクションが存在し、定期的にウェブサイト上でモデルの募集を行っているので、プロダクションを数件チェックするようにして応募をしているようなら愛犬のプロフィールとして欠かせない可愛らしい写真を準備しましょう。
このお仕事は可愛いカレンダーや人を和ませるような書籍の表紙などが多いため、用意する愛犬の応募写真は多くの人が好印象を持ち、他のペットとは違う個性が光る写真を選ぶことがポイントです。
プロダクションに応募する以外にも、自分で行える方法としてTwitterやInstagramなどSNSを通じて愛犬の可愛らしい写真をアップしたり、You Tubeなど動画配信サイトで動画をアップしていく方法があります。
写真や動画を通じて地道にファンを増やしていくのもペットモデルへの道筋の一つです。
ファンが増えて有名になれば、各メディアから声がかかり仕事をすることができるチャンスがあります

ペットモデルのスターになってほしいと思うなら?

コマーシャルやドラマなどでワンちゃんやネコちゃんが、上手に演技をしている姿を見るととても微笑ましくなり「うちのペットもとても可愛くて人懐こい上に賢いので、活躍させたい」と願う人がおられます。
では、もし自分が飼っているペットをペットモデルのスタートして活躍してほしい、と願うのであればどうすればいいのでしょうか?それはペットモデルを行っている事務所に連絡することです。ペットモデルとして適正かどうかの判断を行うとともに、適正であれば訓練を施します。ペットモデルとして表舞台にでるためには、人見知りが激しくない、攻撃的ではなく穏やかで社交的、精神的に安定しているということが望ましいといわれています。もし、精神的に弱い、怖がりといった性格のわんちゃん、ネコちゃんであれば、諦めることは大切です。「何としてもみんなに見てほしい」と、願って何とかしようと思うならストレスを感じてしまって病気になるケースも多いからです。

可愛いだけではない!ペットモデルに必要な素質とは

可愛いことが大前提のペットモデルですが、容姿以外にも必要とされる素質があります。まずは飼い主のしつけがよく行き届いていること。トイレのしつけはもちろん、「おすわり」や「待て」などもきちんとできなければなりません。家ではできている場合でも、慌ただしい撮影現場では飼い主の言うことを聞いてくれなくなることがあるので注意が必要です。次に飼い主以外との触れ合いを嫌がらないこと。ペットモデルは芸能人に抱っこされたりなど、色々な人とのスキンシップが求められます。飼い主とのスキンシップは大好きでも他人に触られるのは嫌がるペットも少なくないため、家族以外と触れ合う練習が大事です。
そしてカメラを怖がらないこと。カメラを向けられたりしても落ち着いて、カメラ目線を向けてくれると撮影がしやすくなります。
総じてどこでも落ち着いていて、飼い主の言うことをよく聞いて、人を怖がらないペットがペットモデルに向いているといえるでしょう。

ペットモデルとしてしつけをするポイントを理解する

ペットを飼育している家庭はとても多く、中にはペットモデルとして活躍する場合も多いです。CMだけでなく広告の他、テレビ出演など多くのペットが活躍しています。ただし通常の飼育とは異なりペットモデルとして活躍するためには、専用のしつけポイントを把握しておく事も重要です。
まず撮影する環境が自宅とは限らないので、飼い主の方がいればどんな場所でも落ち着けるようにする事がポイントとなります。実際に多くの人に触れる機会も増えてくるので、大勢の人がいても怯えたりしないように飼い主以外の人にも慣れさせておく事が重要です。また他の動物と一緒に撮影や出演といった場合も想定し、他の動物といっても驚かないように訓練しておく事も必要になります。モデルで活躍するためには、普段自宅で生活している環境とは大きく異なる現場は多くあります。それらの現場に怯えたり吠えてしまったり、他の人に危害を加えるといった事が無いようにしつける事が重要です。

ペットモデルになるには特技を身に付けることが必要

昨今では、ドラマやCMなどでイヌやネコが大活躍をしています。これらはペットモデルと言われる動物で、一種のタレントと同じと言えるでしょう。
芸能事務所に所属をしており、各現場に派遣をされている個体です。これから我が家のペットをペットモデルにしたいとお考えの方もいるでしょうが、その際は必ず特技を身に付けさせる必要があります。その理由は、ほかの個体にはない魅力をアピールしないといけないからです。たとえば、ウインクができるイヌが以前、大人気となってさまざまなメディアで取り上げられました。この特技があったからこそ、一般的な柴犬であるにも関わらず大人気となったわけです。ペットモデルに必要なものは、その子にしかできない技を持っていることが大事になります。そのため、オーディションを受ける前には飼い主がしっかりとしつけをすることが望まれるわけです。無理のない範囲でできることから取り組めば、ストレスを与える心配もありません。

あなたの犬猫をペットモデルに、才能がある条件とは何なのか

今現在ペットを飼っている皆さん、ペットモデルについて少しでも考えたことはありませんか。ペットモデルとはその名の通り、ペットとして飼われている動物がモデルとなって仕事をしている動物のことを指します。
もちろん、自身の犬や猫がモデルとなって活躍し、況してや有名になったら嬉しくない飼い主は恐らくいないでしょう。しかし、もし才能がないのであれば色々と苦労しそうで面倒くさいですよね。ペットモデルとしての才能は何なのか、その答えは簡単です。それは、お座りができたり、ペットとよく外出したり、芸を教えてそれが使用できるようになったりする事などです。つまり、ペットがまだ子供だったときに、しつけが問題なくできていれば誰でもオーディションに合格する可能性があります。言い換えれば、余程ペットを育ていなかったわけでもない限り、全員素質があるということです。今回を機に、もし少しでもペットモデルに興味を持ったのであれば、事務所に応募してみてはいかかでしょうか。

ペットモデルの専門リンク

ペットモデルに関することはここ!